読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日観た映画の感想

映画館やDVDで観た映画の感想をお届け

10月27日の日刊オレラに

映画レビュー

10月27日アップの日刊オレラにに『『イミテーション・ゲーム / エニグマと天才数学者の秘密』(2015)の感想を載せてもらいましたー(*´∀`*)ノ

orera.hatenablog.com

 

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/80082/poster2.jpg?1422419382
画像出典元URL: http://eiga.com/

 

この映画、僕はDVDレンタルで観たんですが、実は結構楽しみにしてた映画でした。
なんと言っても、ベネディクト・カンバーバッチ主演ですからね!

最初にこの人を観たのは、NHKで放映した『SHERLOCK(シャーロック)』でした。

イギリスBBC制作のテレビドラマで、舞台を現代のイギリスに置き換えた『もしも現代にシャーロックホームズがいたら』というストーリー。

現代人なので、スマホやネットを駆使して事件を解決していきます。
ホームズにカンバーバッチ、相棒のワトソンに『ホビット』シリーズのマーティン・フリーマンを起用した全3話のドラマでした。

シャーロックホームズといえば、小説やドラマ・映画などで天才的な頭脳を持っているけど変人で、いつもワトソンを振り回している印象ですが、『シャーロック』でもそのようなキャラクターとして描かれていて、原作のキャラ設定に忠実な印象でした。(イギリスのドラマだからかな?)

で、ホームズを演じたカンバーバッチは、その独特な風貌と観る者を引き込む演技で、日本でも人気に火が付いた気がします。

ただ、それだけが彼の人気の原因ではなく、多分、カンバーバッチ自身から滲み出ている『コイツ一筋縄じゃ行かないぞ』感じゃないかと思うんですよね。
もうちょっとわかりやすく言うと、独特の変人感というか。

その後、カンバーバッチは数々の映画に出演しているんですが、その中でも特に存在感を発揮していたのが2013年公開の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』で演じた、遺伝子操作を受けた改良人間ジョン・ハリソン(カーン)で、この作品でカンバーバッチは『正規の悪役』として世界中から賞賛されたそうです。

さらに2013年には『フィフス・エステート/世界から狙われた男』で、ウィキリークスの創始者 ジュリアン・アサンジを、本作では同性愛者の天才数学者アラン・チューリングを演じて高い評価を得たわけです。

もちろん、その間にほかの映画にも出演してるんですが(例えばホビットシリーズでは、スマウグのモーションキャプチャー&声も演じてる)、やはり印象深いのは、シャーロック以来の孤高の天才役なんですよねー。

今も多くの映画に引っ張りだこの売れっ子俳優なので、これからも目にする機会が多くなると思うので、是非、名前を覚えておいてくださいね!

 

 

広告を非表示にする