読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日観た映画の感想

映画館やDVDで観た映画の感想をお届け

新三部作完結編。ヤングX-MENが大暴れ! 「X-MEN:アポカリプス」(2016) 感想

映画レビュー

ぷらすです。

今回ご紹介するのは、昨年公開された『X-MEN:アポカリプス』ですよー!
X-MENシリーズとしては6作目にして、時代を遡って若き彼らの活躍を描くトリトジーシリーズ3部作の完結編でもあります!

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/83791/photo/fbef6af40fd38045.jpg?1465449425

画像出典元URL:http://eiga.com/

あらすじと概要

ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。監督は、シリーズ第1作、第2作、第5作も手掛けたブライアン・シンガー。『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイを筆頭に、マイケル・ファスベンダージェニファー・ローレンスオスカー・アイザックと実力派スターが結集する。VFXを駆使した壮絶なバトル描写の数々に加えて、X-MEN結成をめぐるエピソードにも注目。

ストーリー:1983年。文明が誕生する前から神として君臨していた、ミュータントの始祖でもあるアポカリプス(オスカー・アイザック)が、突如として長い眠りから覚醒する。数千年ぶりに目にした人間とその文明が、誤った方向に進んでしまったと考えた彼は新しい秩序が必要だと判断。マグニートーマイケル・ファスベンダー)など、4人のミュータントを率いる。彼の存在と考えを知ったプロフェッサーX(ジェームズ・マカヴォイ)は、ミスティーク(ジェニファー・ローレンス)らと共にその行動の阻止に挑むが……。(シネマトゥデイより引用)

 

 

感想

僕が「X-MEN」シリーズを観始めたのは、トリロジーシリーズ第一弾「~ファースト・ジェネレーション」からなんですね。
それまではぶっちゃけX-MANには全然興味がなくて、キャラクターもウルヴァリンくらいしか分からない状態だったんです。

ただ、「~ファーストジェネレーション」は、X-MEN結成の物語という噂だったので、それじゃぁ観てみるかと劇場で観たんですが、これが面白かったんですよねー!

で、前作「~フューチャー&パスト」も劇場で観たんですが、こちらは何だかごちゃついてて、ニワカファンの僕には少々分かりずらく。

なんで、本作はどうしようかなーと思ってたんですが、DVDがレンタルされたので思い切って観ることにしました。

ざっくり解説

まず、X-MENをまったく知らない人のためにざっくり概要を説明すると、
超能力者チーム X-MENが、悪い超能力者と戦うヒーローシリーズです。
ただ、それだけじゃなくて、超能力者(ミュータント)は人間に差別・迫害を受けているという設定。
これは、米国の公民権運動に準えていて、超能力者=黒人やユダヤ人などマイノリティーのメタファーなんですね。
X-MENのボス、プロフェッサーXは人間との共生を望む鳩派で、敵役のマグニートは暴力で自分たちの居場所を獲得しようとする鷹派です。(キング牧師マルコムX的な)

これまで、旧3部作、ウルヴァリンが主役のスピンオフ3部作、そして本作を含むX-MENの過去を描いた新三部作(トリロジーシリーズ)が公開され、今年ウルヴァリン主役の「ローガン」が公開されます。

本作の敵

本作で登場する敵は、世界最初にして最強のミュータントであるアポカリプス。

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/83791/photo/154dabb275966faf/640.jpg?1463454694

画像出典元URL:http://eiga.com/

この男、自らを神と名乗り古代エジプト文明を支配していて、年を取ると謎の技術で若い身体に魂を入れ替えることで、生き長らえているんですね。
そんな、彼が手に入れたのは、不老不死の肉体。
「これで永遠にこの世界を支配できるぞー!」と魂入れ替え作業に入った彼ですが、兵士の反乱によって、崩れ落ちたピラミッドの中に閉じ込められてしまいます。

それから数千年経った1983年のある日、そんな彼が目覚めることで地球は危機に陥り、お馴染みX-MENのメンバーたちがこのアポカリプスと戦うというという物語です。

圧倒的な映像

個人的に面白かったシーンは、まず冒頭の兵士の反乱シーン。
アポカリプスとお付の4人がピラミッドに入って、魂の入れ替えを始めたのを見計らった兵士が、やおら石柱を叩き折る→その上に設置されていた巨石がピラミッドの中に滑り落ちていく→ピラミッドを支える石が巨石で破壊され、それが次々連鎖してピラミッドが崩れるんです。

もうね、ピラゴラスッチかと。

あと、X-MENの見所といえばミュータントの超能力描写ですが、本作で際立ってたのは、テレポート能力を持つナイトクローラーと、前作にも登場した超スピードで動けるクイック・シルバーですねー。

ナイトクローラーは、まるで悪魔みたいな見た目で、テレポートするとき、ボフっという音がして、元いた場所に黒い霧みたいなのが残るのが良かったなーと。
戦いの時に、テレポートで相手の攻撃を交わす描写はカッコよかったし新鮮でした。
あと、悪魔っぽい見た目なのに、基本、気が弱くてヘタレなのもポイント高かったですねー(´∀`)

それと、前作では少なかった、クイックシルバーの高速移動描写が、本作ではたっぷり描かれてたのも嬉しかったです。
X-MENの基地と、ミュータントの子供たちの学校も兼ねた「恵まれし子らの学園」にアポカリプス一味が乗り込んできて、建物が大爆発するんですが、そこにたまたま到着したクイックシルバーが、学園の中にいる子供やメンバーを助けるんですね。

爆発の炎や子供達はまるで止まっているみたいに見える中、クイックシルバーだけが早回しみたいに動きまくって、爆発からみんなを守る様子はユーモアもあり、人々を救うヒーロー像もしっかり体現してましたねー。

このクイックシルバーの活躍するシーンの撮影だけで、3ヶ月近くかかったというから、このシーンの映像に対するスタッフの意気込みが伝わります。

一方ストーリーは

前作「フューチャー&パスト」は、未来の世界でミュータント殺害ロボが暴走。それを止めるためにウルヴァリン(の魂?)が過去と未来を行ったり来たりするみたいな物語で、正直ニワカファンの僕にはかなり分かりづらかったんですが、本作は割と一本道のストーリーなので分かりやすいなーと思いましたねー。
まぁその分、現実に起こった歴史的事件とリンクさせる「ファーストジェネレーション」のような面白さはなくて、普通のヒーローものっぽくなっちゃってましたけども。
あと、とにかく登場人物が多いのと、原作ファンでないとキャラ同士の関係性がイマイチ掴みずらいかもしれないなーと思ったりしました。

それに、正直ちょっと長いなーと。
なんたって144分もありますからね。
ただ、どこかのシーンを削ってしまうと、新規のファンには物語やキャラクターが分かりにくくなるだろうから、難しいとこですけども。
他にも細々「あれ?」と思うシーンもありましたけど、個人的にはそれほど気にならなかったかな?

敢えて言うなら、全体的にスリルが足りない感じはしましたかねー。
こう、ミュータント同士のイザコザ→人間置いてきぼり=他人事みたいな感じで、何が起こってて、どのくらいヤバイのかがイマイチ伝わってこないんですよね。

ただ、前述のように映像はスゴいので、それだけで十分楽しめちゃうんですけどね。
例えばX-MENを全く知らない状態で本作を観ても、多分それなりに楽しめちゃうんじゃないかなーなんて思いましたよ。

興味のある方は是非!!