読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日観た映画の感想

映画館やDVDで観た映画の感想をお届け

伝説的ヒップホップ・グループの伝記的映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」 (2015)

ぷらすです。

今回ご紹介するのは、アメリカ西海岸出身の伝説的ヒップホップグループ「N.W.A.」の結成から成功、脱退、再結成までを描いた伝記的映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』ですよー!

ラップはよく分からない僕ですが、この作品は一本の映画としてとても面白かったです!

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/82765/poster2.jpg?1446433233

画像出典元URL:http://eiga.com

あらすじと概要

アイス・キューブドクター・ドレーら、大物ラップアーティストが結成していた伝説的グループN.W.A.の軌跡に迫る実録音楽ドラマ。カリフォルニアの中でも犯罪発生率の高いコンプトンで、彼らがラップで成功をつかんでいく姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、『完全なる報復』などのF・ゲイリー・グレイアイス・キューブの息子のオシェア・ジャクソン・Jrやポール・ジアマッティらが結集する。波瀾(はらん)万丈を極めたドラマはもちろん、全編に響き渡るストリートの苛酷さを訴えたラップにも心を奪われる。

トーリー1986年、カリフォルニアのコンプトン。アメリカ屈指の犯罪多発地域として知られる同地に暮らす、アイス・キューブ(オシェア・ジャクソン・Jr)、ドクター・ドレー(コーリー・ホーキンズ)ら5人の若者はヒップホップグループN.W.A.を結成する。危険と隣り合わせで、先の見えない毎日を強いられている不満や怒りをビートとリリックに乗せて吐き出す彼らのサウンドは、瞬く間に絶大な人気と支持を集める。しかし、名声を得た彼らに社会からの偏見や仲間の裏切りといった苦難が降り掛かる。(シネマトゥデイより引用)

 

感想

カリフォルニア コンプトンの若者たちのサクセスストーリー

本作は、カリフォルニア州のコンプトンという街で結成された伝説的ヒップホップ・グループ、「N.W.A.(Niggaz Wit Attitudes)」の伝記映画です。

「N.W.A.(Niggaz Wit Attitudes)」とは日本語だと「主張する黒人たち」という意味らしく、その名の通りメンバーは全員黒人のラップグループです。(「叫ぶ詩人の会」みたいな名前って思ったのは内緒w)

犯罪率がアメリカで最も高い都市の1つとして知られ、ギャング犯罪で悪名高い街コンプトン。
そんな街で生まれ育った彼らは、ロス警察による黒人への不当な暴力やギャングの実態など、彼ら日常で目の当たりにしてきた様々な思いを過激な詞に乗せてラップするギャングスタラップというスタイルで、デビューアルバム「ストレイト・アウタ・コンプトン」が大ヒット。一躍スターダムを駆け上っていきます。

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/82765/gallery/soc_sub03_large.jpg?1446433348

画像出典元URL:http://eiga.com /みんなで最初のアルバムを作る様子は見ててワクワクします。

反面、その過激な詞は「暴力を煽っている」と問題視され、特に警察官の横暴を詞にした「ファック・ザ・ポリス」はFBIから警告が届いたほど。

やがて売上金の着服疑惑などメンバー同士の確執から、アイスキューブ、ドクター・ドレーが離脱し、N.W.A.は分裂・解散へと至るのです。

本作は、まだ何者でもなかった彼らが「自分たちの言葉で世界を変えよう」とグループを組み、その成功と挫折を追った物語。

ちなみに劇中でアイスキューブを演じるのは、アイスキューブの実子であるオシェア・ジャクソン・Jrです。

米国の暗部と普遍的な若者たちの青春と成長を描いた普遍的な作品

と、ここまで読んだ人は「ラップとかよく分からないし…」と思うかもですが、心配はいりません。
本作はヒップホップグループの物語ですが、劇中で描かれるのは若者たちの青春と成長、挫折、和解、別れなど、大人であれば必ずが経験する普遍的な物語です。

そして、本作でもう一つ描かれているのは、アメリカが抱える人種差別問題。
一時、ロス警察による無抵抗の黒人への暴行がネットにアップされて大問題になりましたよね。

http://img.eiga.k-img.com/images/movie/82765/gallery/soc_sub02_large.jpg?1446433348

画像出典元URL:http://eiga.com /道端で集まってるだけで警官に目をつけられちゃうのです。

本作ではそんな当時の空気感や、N.W.A.への批判なども当時の実録映像を交えて映し出されています。

もちろんこれは実話をもとにした劇映画だし、N.W.A.側の視点で描かれているので、公平とは言えないかもですが、ライブで「ファック・ザ・ポリス」を歌っただけで逮捕されたとか、脚色はあるにせよ事実に基づいて作られているようで、長く燻り続けるアメリカの暗部にも光を当てていると言えます。

それらも含めて本作は一本の映画としてよく出来た素晴らしい作品だし、ヒップホップやラップの好きな人はもちろん、音楽に興味のない人でもきっと楽しめると思います。

興味のある方は是非!!

 

 面白かったらポチっとお願いします